役所で行う転出届の手続き方法を徹底解説!手続きは引っ越し前に忘れず行おう

これまでの住所とは違う市区町村に引っ越しをする場合には転出届の提出が必要です。

転出届の手続きは、引っ越しを行う上でもっとも大切な手続きです。

あなたの住所を、新住所に移さなければ、あなたの新居に年金や税金のハガキや書類が届かなかったり、5万円以下の罰則を支払う必要があったりと大変なんです・・・

単身(一人暮らし)の引っ越しでは、仕事の合間をぬって引っ越しの荷造りをしなければいけないため忙しいかもしれません。

ですが、引っ越しに伴い住民票を現住所から新住所に移さなければ、引っ越し後も現在の地域に戻って役所で手続きをすることになってしまい、めちゃくちゃ面倒です。

ですから、引っ越しの1週間前までには忘れずに転出届の手続きを行うようにしてください。

ここでは、転出届の手続き方法について徹底解説しています!

ぜひ参考にしてみてくださいね(^ ^)

転出届の手続きが必要な理由

手続きの方法に入るまえに、「転出届の手続きがなぜ必要なのか?」について説明したいと思います。

先ほども軽くお話しましたが、引っ越しをするときは必ず現住所の地域にある役所で住民票を新住所に登録し直さなければいけません。

役所の写真

引っ越しに伴い、住民票を新住所に登録するための手続きのことを「転出届の手続き」と言います。

ちなみに、転出届は「別の市区町村に引っ越しをする場合に提出するもの」です。

一方で、引っ越し先が同じ市区町村の場合は、引っ越し後に「転居届」を提出することになります。

くわしくまとめたものが次の表です。

引っ越し前 引っ越し後
別の市区町村に引っ越しをする 現住所の役所で「転出届」の提出 新住所の役所で「転入届」の提出
同一市区町村に引っ越しをする 手続きの必要なし 新住所の役所で「転居届」の提出

少しややこしいですが、ここでは別の市区町村に引っ越しをする場合の「転出届の手続き方法」について解説しています。

同一市区町村に引っ越しをする場合であれば、「〇〇」のページから転居届の手続き方法をご確認くださいね(^ ^)

長くなりましたが、ここから転出届の手続きが必要な理由について話を戻していきますね。

まず、転出届の用紙には「住民異動届」と書かれています。

次の写真は、実際に私が引っ越しをするために役所からもらった「住民異動届」です。

@転出届の用紙

この用紙に必要事項を記載し、役所の窓口に提出すれば手続き完了です。

転出届の手続きをすることで、あなたの居住関係を公的に証明することができます。

転出届の手続きを行わないと次のようなことが起きてしまい、あなたの生活に支障が出てしまうんです。

転出届の手続きを忘れてしまうと起こりうること
  • 年金、税金のハガキや書類が新住所に送られてこない
  • 新住所で自治体の行政サービスを受けることができない
  • 5万円以下の罰則が受けることになる
  • 選挙権が送られてこない
  • 運転免許証の住所変更ができない

転出届の手続きを忘れることで、今後の生活で困ってしまうことが多くなってしまいます・・・

ですから、引っ越しを予定している場合、忘れずに引っ越しの1週間前までには手続きを済ませるようにしてくださいね。

ちなみに、新居に住む期間が1年未満の場合と、進学の関係で引っ越しをするが、卒業後実家に戻ることが決まっている場合は、転出届の手続きを行う必要がありません。

あくまでも引っ越し後1年以上新居に住む場合は、必ず転出届の手続きを行ってくださいね(^ ^)

さっそく以下では、転出届の手続き方法について解説していきます!

転出届の手続き方法

さっそく、転出届の手続き方法について解説していきます。

転出届の手続きは次のような流れで行います。

転出届の手続きの流れ
  1. 現住所の地域にある役所で「転出届」を提出する
  2. 「転出証明書」が発行される
  3. 新住所へ引っ越し
  4. 新住所の地域にある役所で「転出証明書」と「転入届」を提出する
  5. 手続き完了!

引っ越し前に、あなたが現在住んでいる地域にある役所で「転出届」を提出すると、「転出証明書」が発行されます。

転出証明書がないと、引っ越し先にある地域の役所で転入届の手続きを行うことができません。

ですから、現住所の地域にある役所で発行される「転出証明書」は無くさずに保管しておくようにしてくださいね。

また、転出届の手続き方法は大きく分けて3つあります。

転出届の手続き方法
  1. 市区町村の役所
  2. 代理人
  3. 郵送

これら3つの方法からあなたに合ったやり方で、引っ越しの1週間前までに転出届の手続きを済ませるようにしてくださいね。

下記では、それぞれの手続き方法をくわしく解説しています。

市区町村の役所で手続きをする

転出届の手続きは、あなたが今住んでいる地域の役所窓口で行います。

転出届の手続きに必要な「住民異動届」の書類は役所に置いてあります。

次の写真は、私の自宅近くにある役所の書類コーナーの様子です。

役所の「転出届」書類コーナーの写真

転出届の手続きを行う場合は、上の写真のように赤い枠で囲った「住所変更」という書類コーナーから「住民異動届」の用紙を手に取り、必要事項を記載してください。

その後、役所の窓口に提出をすることで、「転出証明書」が発行されます。

発行された「転出証明書」は、引っ越し後、新住所の地域にある役所で「転入届」を提出するときに必要になります。ですから、無くさずに保管しておくようにしてくださいね。

また、役所窓口の営業時間は、基本的に平日の8時30分~17時までです。

ですから、役所の窓口で手続きを行う場合は、役所の営業時間内に注意して手続きを済ませるようにしてくださいね。

「平日は仕事で忙しいから、なかなか手続きを行う時間が取れない・・・」という場合は、代理人に依頼する、もしくは郵送で手続きを済ませると良いですよ(^ ^)

各種手続き方法は後述しています。

転出届の手続き方法
手続き場所 現住所の役所
期限 引っ越し1週間前までに済ませること
必要なもの
  • 転出届(役所に用意されている)
  • 身分証明証
  • 印鑑

代理人に手続きを依頼する

転出届の手続きは代理人に依頼することもできます。

単身(一人暮らし)の引っ越しでは、仕事で忙しくなかなか平日に手続きをする時間を作ることができない・・・ということもあるはず。

この場合、知り合いや友人に代理人となってもらい、代わりに転出届の手続きをやってもらうのも1つの手です。

代理人が手続きをする場合も、引っ越し者本人が引っ越しをする2週間前から、役所窓口で手続きを行うことになります。

代理人に手続きを依頼するときも期間を守るようにしてくださいね。

また、代理人が転出届の提出をする場合には「委任状」が必要になります。

@委任状の写真

委任状は、役所の書類コーナーに置いてあります。

下の写真は、私の自宅近くにある役所の書類コーナーです。

役所の「委任状」書類コーナーの写真

写真をみるとわかると思いますが、役所の書類コーナーに委任状の書類が入っています。代理人に手続きを依頼する場合は、書類コーナーから用紙をもらってきましょう。

もしくは、インターネットからあなたが住んでいる市区町村の役所のホームページを開くと、ページ内に「届出用紙のダウンロード」という欄があります。

次の画像は東京都の中央区役所のホームページ画面です。

「委任状」届出用紙のダウンロード

ダウンロード画面をクリックすると、次のように委任状が表示されます。

委任状のダウンロード

代理人に手続きを頼む場合は、あらかじめ転出届の書類や委任状などの必要書類を用意しておくようにしてください。

また、代理人が転出届の手続きを行う場合に必要なものは以下の通りです。

代理人による転出届の手続き
手続き場所 現住所の役所
期限 引っ越し1週間前までに済ませること
必要なもの
  • 委任状
  • 転出届(役所に用意されている)
  • 代理人の身分証明証
  • 代理人の印鑑
提出者 代理人

郵送で手続きをする

転出届の提出をし忘れたまま引っ越しをしてしまった、手続きに時間が作れない上に代理人も見つからない・・・という場合は、転出届の手続きを郵送で行なうと良いです。

ただ、郵送での手続きを行う場合には注意点があります。

それは手続き後、引っ越し先の役所で転入届を提出する場合に必要になる「転出証明書」が送られてくるまでに5~7日ほどかかってしまうということ。

転出証明書は、転出届の手続きをしたことを証明するための重要な書類です。

転出証明書が自宅に届くまでの期間に余裕を持つためには、引っ越しの2週間前には郵送で転出届の手続きを行うことが大切です。

また転出届を郵送する場合、各役所のホームページから郵送用の転出届をダウンロードしてください。

次の写真は、東京都の中央区役所のホームページ画面です。

届出用紙のダウンロード画面

このように、各役所のホームページ画面には届出用紙をダウンロードできる欄があります。

上の画面内では、わかりやすく「住民異動届」の箇所を赤ワクで囲みました。

「住民異動届」をクリックすると、次の書類のように「郵送用」の住民異動届が表示されます。

住民異動届(転出届)のダウンロード画面

ダウンロードした書類は印刷し、必要事項を記入した後に身分証明証のコピーを同封し、すぐに役所まで郵送しましょうね!

郵送での手続きで必要なものは以下の通りです。

郵送による転出届の手続き
期限 引っ越しの2週間前までに!
必要なもの
  • 転出届(ダウンロードしたもの)
  • 身分証明証のコピー
  • 返信用の封筒
  • 返信料金分の切手
提出者 本人

引っ越し先が海外の場合、転出届の手続きはするべき?

「引っ越し先が海外の場合って、転出届の手続きは必要なの??」

引っ越し先がアメリカや韓国、イタリアなど海外の場合でも転出届の手続きが必要です。

「海外へ引っ越しするんだし、手続きはしなくていいよね」と思っている方もいるかもしれませんが、手続きは必ず済ませるようにしてくださいね。

ただ、引っ越し先が海外の場合は「転出証明書」が発行されません。

転出証明書は、国内で引っ越しをした場合に必要になる書類なので、海外の引っ越しの場合は必要ないからです。

ですから、海外へ引っ越しを予定している方は、転出届を提出するだけでOKです。

転出届の手続きについてもう一度まとめてみた

ここでは、これまで話してきた転出届の手続き方法をもう一度わかりやすく表でまとめています。

これから引っ越しに伴い、転出届の手続きを行おうと思っている場合は、再度手続きのやり方を確認してみてくださいね。

転出届の手続き方法
手続き先 現住所の役所
期限 引っ越しの1週間前までに済ませること!
手続きを行う人 本人or代理人
役所窓口の手続きで必要なもの
  • 転出届(役所に用意されている)
  • 身分証明証
  • 印鑑
代理人による手続きで必要なもの
  • 委任状
  • 転出届(役所に用意されている)
  • 代理人の身分証明証
  • 代理人の印鑑
郵送による手続きで必要なもの
  • 転出届(ダウンロードしたもの)
  • 身分証明証のコピー
  • 返信用の封筒
  • 返信料金分の切手

転出届の手続きは、自分が一番行いやすい方法で済ませるようにしましょう。

まとめ〜転出届の手続き〜

ここでは転出届の手続き方法について解説しました。

手続きの流れは理解いただけたでしょうか?

転出届は引っ越しをする2週間前から提出することができます。

ですから、最低でも引っ越しの1週間前までには手続きを済ませるようにしてください。

転出届の手続きは「役所窓口」「代理人」、そして「郵送」これら3つの方法で行うことができます。

平日に手続きの時間が作れる場合は、役所窓口で転出届の手続きと国民健康保険、そして印鑑の廃止手続きなど役所関係の手続きを同時に済ませるようにしてくださいね。

単身(一人暮らし)の引っ越しではなかなか手続きに時間を作れない方もいるはずです。

ですか、転出届の手続きは新住所を公的に証明するためにとても重要な手続きです。

ですから、忘れずに手続きを行うようにしてくださいね(^ ^)

引っ越し料金は、同じ内容でも引っ越し業者によってまったく違います。
料金が2〜3万違うなんてことは、ざらにあります!

また、一人暮らし向けの「単身パック」も業者ごとで料金が違い、場合によっては単身パックを使わないほうが安く引っ越しができることも・・・

そこで確実に最安値の引っ越し業者を見つけるためには「一括見積もりサービス」を使って、複数の業者から見積もりを集め、料金を比べてください。

数多くある一括見積もりサービスのなかでも、私がイチオシするのは「引越し達人」です(^^)

引越し達人は、荷物の種類や量を入力しなくて良いので、30秒ほどで最大15社から見積もりを手に入れることができます。(もちろん、サービスは無料で使うことができますよ♪)

あとは見積もりを比較するだけでOK!たったこれだけで、引越し達人では最大55%も安くなっちゃいます。

スマホからでも簡単に最安値の引っ越し業者を探すことができるので、引越しの達人を使わないのは損です!ぜひ使ってみてくださいね!