引っ越し前にやるべき駐車場の解約・契約手続きについて徹底解説!

引っ越しを予定しているあなたが今車を持っているのであれば、駐車場の解約手続きを行う必要があります。

駐車場の解約手続きって、ついうっかり忘れてしまいがちの手続きの1つです。

ですが、駐車場の解約手続きを忘れてしまうと、翌月分の駐車料金を余分に取られてしまいます・・・

ですので、必ず引っ越し1ヶ月前には手続きを済ませるようにしてくださいね。

また、引っ越し先でも駐車場を使うのであれば、契約手続きも忘れずに行いましょう。

ここでは、駐車場の解約・契約手続きの方法についてくわしく解説していきたいと思います。

駐車場の手続きでは「解約」と「新規契約」の手続きを行おう!

引っ越し前に行う駐車場の手続きは、現住居での「解約」と、新住所で「新規契約」の2回行ってください。

  • 現住居の駐車場・・・解約手続きを行う
  • 新住所の駐車場・・・新規契約手続きを行う

駐車場の解約も、賃貸物件の解約と同じで、手続きが遅れてしまうと、翌月の料金も支払うことになってしまいます・・・

引っ越しでは、新生活の準備や引っ越しでかれこれ10万円以上のお金がかかります。

ですから、できるだけムダな出費が抑えたいですよね?

さっそく下記では、駐車場の解約と引っ越し先での新規契約の手続き方法をわかりやすく解説していきます。

さっそく参りましょう!

駐車場の解約手続き

まず、あなたが今使っている駐車場の解約手続きについてです。

駐車場の解約手続きは次のパターンで分かれます。

駐車場の解約手続きのパターン
  1. 賃貸物件(マンションやアパート)の駐車場を借りている場合
  2. 近くの月極駐車場を借りている場合

まずは、あなたがどこの駐車場を借りているのか理解した上で、手続きを進めていきましょう。

駐車場の解約手続きは「賃貸物件の駐車場を借りている場合」と「近くの月極駐車場を借りている場合」で変わります。

それぞれの手続き方法や必要なものについては下記で説明しています。

賃貸物件(マンションやアパート)の駐車場を借りている場合の解約手続き

あなたが今住んでいるマンションやアパートの駐車場を契約している場合は、賃貸物件の解約と同時に駐車場の解約をすることができます。

マンションやアパートに併設されている駐車場の解約手続きの場合、賃貸物件の解約と同時に手続きができるため、ラクです。

解約の手続きをするときは、あなたが現在住んでいる賃貸物件の管理会社(もしくは大家さん)に電話で連絡を入れてください。

また、電話をする場合は、賃貸物件の契約手続きをしたときに発行された「契約書」に記載されている番号にかけると良いです。

実際に、私が保管している賃貸物件の契約書にも、解約の場合の電話番号がしっかりと記載されています。

それが次の書類です。

書類の赤枠がついている箇所が、私が借りている賃貸物件を管理している管理会社の番号です。

賃貸物件を借りている場合、必ず契約書が発行されていますので、書類を見つけ管理会社(もしくは大家さん)に物件の解約と同時に「駐車場も解約したい」という趣旨を伝えるようにしてください。

連絡をすると、駐車場の管理会社から解約書類をもらうことができます。

書類を郵送することで、駐車場の解約手続きが完了です。

賃貸物件の駐車場解約手続き
手続き先 現住居の管理会社(もしくは大家さん)
方法 電話
時期 引っ越しの1ヶ月前までに!
必要なもの ・駐車場使用契約解約書
・印鑑
手続きを行う人 契約者本人

月極駐車場を借りている場合の解約手続き

続いて、自宅近くの月極駐車場を借りている場合の解約手続きについてです。

佐藤ココミ
月極め(つきぎめ)とは、1ヶ月単位で契約を決めることを言います。

月極駐車場の解約手続きは、あなたが住んでいる賃貸物件とはまったく関係のないものです。

ですから、手続きをするときは、月極駐車場を管理している管轄会社に解約の連絡を電話で入れるようにしてください。

管理会社の電話番号は、月極駐車場を契約したときに発行された書類に記載されています。

また、駐車場を解約するときには「解約の連絡を入れる時期」も契約書を見て確認することが大切です。

基本的には「引っ越しの1ヶ月前までには申し出が必要」となっている管理会社が多いです。

ですから、月極駐車場の解約をするときは、賃貸物件の解約手続きをするタイミングで同時に電話で連絡を入れるようにしてくださいね。

電話で解約の連絡をすると、駐車場の解約書類をもらうことができます。

書類を記載し、郵送することで駐車場の解約手続きは完了です。

月極駐車場の解約手続き
手続き先 月極駐車場の管理会社
方法 電話
時期 引っ越しの1ヶ月前までに!
必要なもの ・解約書類
・印鑑
手続きを行う人 契約者本人

解約時の精算方法

あなたが現在利用している駐車場の解約手続きの流れが理解できたら、次は「解約時の精算方法」を知っておきましょう。

基本的に駐車場の解約をするときは、あなたが管理会社に解約の連絡を入れた日の翌月末とされています。

ただ、「どうしても月の途中で解約をしたい・・・」という場合はどうなるのでしょうか?

駐車場の解約の場合、月の途中で解約をした場合でも、料金の支払いは「月額」で精算することになります。

月の途中で解約をしたからといって、料金が日割り計算されることはないというわけです。

ちなみに、仮にあなたが駐車場の解約手続きの連絡をすることを忘れてしまい、引っ越しする月に解約の連絡をしたとします。

引っ越しをする月に解約の連絡を入れてしまうと、支払いは申し出の「翌月末」になってしまいます・・・

駐車場解約の精算についての画像

ということは、1ヶ月余分に駐車場の料金を支払わなくてはならないのです。

これはやばいですよね(涙)

こうしたムダなお金を支払うことがないように、必ず引っ越しをする1ヶ月前には駐車場の解約手続きをするようにしてくださいね。

引っ越し先で行う駐車場の契約手続き方法

続いて、引っ越し先での駐車場の契約手続きについてです。

旧居で車を所有していたのであれば、新居にも車を持っていきたいと思う方は多いはず。

新居で駐車場の契約手続きをするときは、まず「新居に併設された駐車場を使うのか」もしくは「近くの月極め(つきぎめ)駐車場を使うのか」を決めてください。

それぞれの方法によって、手続きの流れは変わります。

下記では、それぞれの手続き方法の流れについて解説していますので、参考にしてみてくださいね!

新居(マンションやアパート)に併設された駐車場を使う場合・・・

新居に駐車場が併設されている場合は、新居の契約と同時に申し込み手続きを行うことができます。

ですから、新居を管理している不動産、もしくは管理会社に「駐車場も一緒に契約したいんだけど」と話をすることで、スムーズに手続きを進めてくれます。

手続きは以上で完了です。

新居に併設された駐車場を使う場合は「新居の契約」と「駐車場の契約」を同時に1度で済ませることができます。

新居に併設された駐車場の契約手続き
手続き先 新居を管轄する管理会社
方法 直接訪問or電話
時期
必要なもの ・身分証明証
・印鑑
・住民票
・車検証
・銀行印
・口座の情報(引き落とし用)
手続きを行う人 本人

月極め(つきぎめ)で利用できる駐車場を使う場合・・・

新居のマンション(アパート)に駐車場がついていない場合は、月極めで利用できる近くの駐車場を利用しなくてはいけません。

この場合、まずは近くで利用できる駐車場を見つけましょう。

このとき、あなたの新居の住所からネットで検索をすることですぐに駐車場が見つかります。

例えば、東京都中央区の勝どき駅近くに引っ越しをしてきたのであれば「勝どき 月極め 駐車場」 と検索すれば、すぐに利用できる駐車場が見つかります。

新居から近い駐車場が見つかったら、その駐車場を管理している会社に契約の電話をすると良いですよ(^ ^)

月極駐車場の契約手続き
手続き先 月極駐車場の管轄会社
方法 電話
時期
必要なもの スマホ
手続きを行う人 本人

駐車場を探すときの条件

月極駐車場の契約手続きをする場合、下記の条件を満たしていなければ車庫証明を手に入れることができません。

車庫証明とは、車の保管場所を証明するための手続きのことです。車庫証明の手続きをしなければ、あなたの「車の保管場所が無い」ということになります。自宅近くに無断で車を止めていれば「無断駐車」として捕まってしまうので注意してください。

この車庫証明ですが、駐車場が次のような条件に満たしていなければ発行してもらえません。

駐車場を見つけるときの条件
  • 新居と駐車場の直線距離は必ず2km以内である
  • 道路からの出入りが支障ない
  • 車を収めるスペースが十分にある

上記3つの条件を満たしていなければ、車庫証明を手に入れることができませんので注意しましょうね。

新居近くで「ここは良さそう!」と思う駐車場が見つかっても、まずは上記を満たしているのか確認することが大切です。

車庫証明の届出は忘れずに!

新住所で駐車場の契約をしたら、車庫証明の届出を忘れずに行ってください。

車庫証明の手続きでやることは次の通りです。

やること
手続き先 車保有場所(駐車場)の位置を管轄している警察署
方法 直接訪問
期限 引っ越し後2週間以内
必要なもの
  • 自動車保管場所証明申請書(警察署でもらえる)
  • 印鑑
  • 身分証明証(免許証やパスポートなど)
  • 車保管場所の配置図(管理会社からもらえる)
  • 駐車場の契約書のコピー
  • 収入印紙(警察署の窓口でもらえる)
  • 住民票
佐藤ココミ
車庫証明とは、あなたが使っている自動車の保管場所を確保していることを証明する書面のことよ♪

なぜ車庫証明をするのかというと、道路の交通をスムーズ(円滑)にするためです。

例えば、法律的に車庫証明を実施しなければ次のような事態が起きてしまいます。

路上駐車が毎日のように続く・・・交通渋滞は日常茶飯事」

「路上駐車している車が多いことから、道路が狭くなり、小さい子や老人が事故に巻き込まれやすくなる

これでは、交通の便もかなり悪くなってしまいますし、車や歩行人全ての方が迷惑してしまいますよね。

ましてや、路上駐車や交通渋滞が原因で事故が多くなれば、かなり大変な事態になります・・・

しかし、車を持っている人が車庫証明をし、車の保管場所を決めることで、路上の隅(すみ)に車を止めたり、歩道に堂々と車を止めたりすることがなくなります。

ですから、車の車庫証明は必ずしなくてはならないのです。

ちなみに、車庫証明の手続きについては引っ越し後2週間以内に、あなたの車保有場所(駐車場)の位置を管轄している警察署で手続きを行ってくださいね。

2週間経っても手続きをしないでいると、罰金を取られてしまいますので注意してください。

車の車庫証明のさらにくわしい手続きが知りたい場合は「車庫証明の届出手続きの方法」を読んでみてくださいね♪

まとめ|『駐車場の解約・契約手続き』

ここでは、駐車場の解約・契約手続きの方法について解説しました。

いかがでしたか?

「仕事用の車を持っている」また「車好きで、今は2台の車を所有している」など理由は様々ですが、車を所有しているのであれば、引っ越しの1ヶ月前には駐車場の解約手続きを行うことが大切です。

駐車場の解約手続きは、賃貸物件の解約と同時に行うことで面倒な手続きが短時間で済みます。

ただ、近くの月極駐車場を使っている場合は、賃貸物件の解約とは別に、駐車場の解約手続きを行う必要があります。

また、新居でも駐車場を使うのであれば、新規契約手続きも忘れずに行うようにしてくださいね。

あなたの引っ越しが無事に終わることを、心から願っていますよ♪

引っ越し料金は、同じ内容でも引っ越し業者によってまったく違います。
料金が2〜3万違うなんてことは、ざらにあります!

また、一人暮らし向けの「単身パック」も業者ごとで料金が違い、場合によっては単身パックを使わないほうが安く引っ越しができることも・・・

そこで確実に最安値の引っ越し業者を見つけるためには「一括見積もりサービス」を使って、複数の業者から見積もりを集め、料金を比べてください。

数多くある一括見積もりサービスのなかでも、私がイチオシするのは「引越し達人」です(^^)

引越し達人は、荷物の種類や量を入力しなくて良いので、30秒ほどで最大15社から見積もりを手に入れることができます。(もちろん、サービスは無料で使うことができますよ♪)

あとは見積もりを比較するだけでOK!たったこれだけで、引越し達人では最大55%も安くなっちゃいます。

スマホからでも簡単に最安値の引っ越し業者を探すことができるので、引越しの達人を使わないのは損です!ぜひ使ってみてくださいね!