引っ越し後忘れがち!ネット通販サイトの住所変更手続き方法を紹介

引っ越しをするときについ忘れがちな手続きの1つにAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの「ネット通販サイトの住所変更」があります。

引っ越しでは、住民票の異動(転出、転入届)や国民健康保険、国民年金や運転免許証の住所変更など、様々な手続きが必要です。

引っ越しでは、とにかくやることがたくさんあるんです・・・

中でも、ネット通販サイトの住所変更は多くの方が忘れやすい手続きですが、住所変更を忘れてしまうと、間違って商品を旧住所に送ってしまうことも(汗)これは大変ですよね。

ネット通販を配送する際にトラブルが起きないようにするためにも、引っ越しをするときは必ずネット通販サイトの住所変更を済ませるようにしてくださいね!

さて、ここでは引っ越しに伴い「ネット通販サイトの住所変更手続き」の方法について紹介していきます( ^∀^)

ぜひ参考にしてくださいね!

ネット通販サイトの住所変更手続きは超重要!

冒頭でもお話ししましたが、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのネット通販サイトは、引っ越しとともに住所変更を行わなければいけません。

アマゾン 楽天市場 Yahoo!ショッピング ロゴ

ですが、ネット通販サイトの住所変更手続きってついうっかり忘れてしまいがちな手続きなんです。

佐藤ココミ
引っ越しの手続きは、転出届や国民健康保険の住所変更など役所で行う手続きがあったり、郵便物の転送サービスを行ったりととにかくやることがたくさん!

その中で、ネット通販サイトの住所変更まで頭が回る方は少ないと思います。

ぶっちゃけ私も、はじめて自分で1つ1つの引っ越し手続きを行っていたとき、ネット通販サイトの住所変更手続きを行うという考えがまったくありませんでした(笑)

ただ、自分がいつも利用しているネット通販サイトの住所変更は超重要で、手続きを行わないと間違って商品を旧住所に送ってしまうなんてことも。

これはマズいですよね。

ネット通販サイトの住所変更手続きを忘れてしまった場合に起こるトラブルを理解しておかないと、後々面倒なことが起きてしまうんですよ。

ネット通販サイトの住所変更手続きを忘れると起こるトラブル

ネット通販サイトの住所変更手続きを忘れてしまうと、一番起こりやすいトラブルが「間違って商品を旧住所に送ってしまった」ということです。

ネット通販サイト 住所変更

普段、楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなどあらゆるネット通販サイトを使って、日用品や洋服、DVDやゲームなどを買う場合、引っ越し後まだ環境に慣れていないと、うっかり「旧住所」へ商品を配送してしまいがち。

仮に商品を旧住所に送ってしまうと、旧住所のマンション(アパート)に引っ越しをしてきた住民があなたが頼んだ商品を間違って受け取ってしまうことも・・・。

自分が頼んだ商品が他人に見られてしまうのはイヤですよね。

佐藤ココミ
宅配業者の保管期限が過ぎてしまい、自動的に商品が発送元に戻ってしまうなんてこともあるんです。

となると、いつまで経っても頼んだ商品が自宅に届くことがありません。

このようなトラブルを防ぐためにも、引っ越し後は必ずあなたが利用しているすべてのネット通販サイトの住所変更を行うようにしてくださいね( ^∀^)

さっそく以下では、各ネット通販サイトの住所変更の方法を紹介します。

ネット通販サイトの住所変更手続き方法

ネット通販サイトの住所変更手続きは、インターネットからカンタンに行うことができます。

手続きの流れは、各ネット通販サイトの住所変更画面に進み、それぞれ登録している住所を新住所に変更すればOK

住所変更手続きに難しいことはなく、すぐに住所を変えることができますよ( ^∀^)

以下では、主なネット通販サイトの住所変更ページを用意しました。

こちらから進んでいただくと、カンタンにネット通販サイトの住所変更手続きを行うことができますよ!

各ネット通販サイトの住所変更
Amazon(アマゾン) >>住所変更の手続きはこちら
楽天市場 >>住所変更の手続きはこちら
Yahoo!ショッピング >>住所変更の手続きはこちら
ベルメゾン >>住所変更の手続きはこちら
ニッセン >>住所変更の手続きはこちら
ヨドバシ.com >>住所変更の手続きはこちら

ネット通販サイトの住所変更以外にもやるべき手続き

ネット通販サイトの住所変更手続きの重要性と、手続き方法については理解できましたか?

これから引っ越しを予定しているのであれば、ネット通販サイトの住所変更手続き以外にもやることがたくさんあります。

各種引っ越し手続き

あなたは、引っ越しに伴いやるべき手続きをすべて把握していますか??

転出届や転入届、郵便物の転送サービス、また運転免許証や銀行口座の住所変更など引っ越しではとにかく行うべき手続きが多いんです。

佐藤ココミ
これらすべての手続きを済ませないと、引っ越しは完了しません!

ただ、「はじめて引っ越しをするから、どんな手続きを行えばいいのかわからない」という方もいるはずですよね。

引っ越しではどんな手続きを行えば良いかわからない方は、「【単身・一人暮らし用】引っ越しのやることリスト・手続きを完全網羅!」のページで引っ越しでやるべき手続きを一覧ですべて公開しています!

このページも、ぜひ参考にしてみてくださいね( ^∀^)

まとめ〜ネット通販サイトの住所変更手続き〜

いかがでしたか?

ネット通販サイトの住所変更手続きは、引っ越し後必ず済ませなくてはいけません。

その理由は、引っ越し後ネット通販サイトで商品を買ったとき、間違って旧住所に商品を送ってしまうことがあるから。

旧住所に荷物が送られてしまったり、宅配業者で頼んだ商品の保管期限が切れて、自動的に配送元に戻ってしまったりなどのトラブルを防ぐためには、引っ越し後必ずあなたが使っているネット通販サイトの住所変更手続きを行うようにしてくださいね!

佐藤ココミ
手続きはすべてインターネットから行うことができるので、電車の移動時間や寝る前などにサクッと済ませることができちゃいますよ( ^∀^)

また、ネット通販サイト以外にも各種引っ越し手続きを忘れずに行うようにしてくださいね。

引っ越し料金は、同じ内容でも引っ越し業者によってまったく違います。
料金が2〜3万違うなんてことは、ざらにあります!

また、一人暮らし向けの「単身パック」も業者ごとで料金が違い、場合によっては単身パックを使わないほうが安く引っ越しができることも・・・

そこで確実に最安値の引っ越し業者を見つけるためには「一括見積もりサービス」を使って、複数の業者から見積もりを集め、料金を比べてください。

数多くある一括見積もりサービスのなかでも、私がイチオシするのは「引越し達人」です(^^)

引越し達人は、荷物の種類や量を入力しなくて良いので、30秒ほどで最大15社から見積もりを手に入れることができます。(もちろん、サービスは無料で使うことができますよ♪)

あとは見積もりを比較するだけでOK!たったこれだけで、引越し達人では最大55%も安くなっちゃいます。

スマホからでも簡単に最安値の引っ越し業者を探すことができるので、引越しの達人を使わないのは損です!ぜひ使ってみてくださいね!