固定電話の移転・解約・契約手続きの方法を徹底解説!

仕事やプライベートで固定電話を使っている方は、引っ越しに伴い固定電話の移転手続きを行う必要があります。

固定電話の移転手続きは、うっかり忘れてしまいがちの手続きになるので早めに手続きを済ませるようにしてください。

引っ越し後、現在使っている電話会社とは別の会社と契約をする場合、固定電話の解約手続きを行ったあとで、新規契約手続きをしなければいけません。

また、電話会社をそのまま継続する場合は、移転手続きをする必要があります。

これから、はじめて固定電話の移転手続きをする方にとっては、一体どんな手順で手続きを行うと良いのかよくわかりませんよね・・・

そこでここでは、固定電話の移転・解約・新規契約手続きの方法について徹底解説しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

固定電話の管轄エリアは「NTT東日本」と「NTT西日本」に分かれている!

まず、固定電話の手続きについての説明に入る前に、固定電話を管轄しているエリアについて理解することから始めましょう。

固定電話は、「NTT東日本」と「NTT西日本」2つの管轄エリアに分かれています。

自分のエリアがどっちの管轄エリアなのかイマイチよく理解していない方も多いと思うので、下記ではそれぞれの管轄エリアについてまとめました。

さっそくご覧ください。

「NTT東日本・NTT西日本」管轄エリア
NTT東日本 北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨、長野
NTT西日本 富山、石川、福井、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

例えば、あなたが今東京に住んでいて、固定電話を現住居で使っているのであれば、固定電話の管轄会社は「NTT東日本」ということになります。

住まいが、大阪であれば管轄会社は「NTT西日本」になりますね。

移転・解約・契約手続きの重要事項!

また、この管轄エリアですが、引っ越し先が同一市区町村で、同じ電話会社を使う(移転手続きをする)場合は、「NTT東日本」に電話をするか、インターネットから手続きを行ってください。

一方で、引っ越し先が「東京→大阪」というように変わる場合は、固定電話の管轄エリアも「NTT東日本」から「NTT西日本」に変わります。ですから、この場合、新住所を管轄している「NTT西日本」で新規契約の手続きを行うことになります。

上記の重要事項を理解した上で、下記の手続き方法を読み進めてくださいね(^ ^)

固定電話の手続きは「電話」「ネット」の2通り

固定電話を使っている場合は、引っ越しの2週間前には移転手続きを行わなければいけません。

固定電話の引っ越し手続きの方法は以下の2通りあります。

固定電話の手続き方法
  • 電話
  • インターネット

固定電話の手続きは、引っ越しをする2週間前から可能です。

電話、インターネットのどちらか、あなたの行いやすい方法で忘れずに手続きを終わらせるようにしてください。

ここではまず、電話で手続きをする場合から解説します。

電話で手続きをする

固定電話から手続きを行う場合には「116」に電話しましょう。

これは全国共通の電話番号になるので、どの地区に住んでいる方でもカンタンに電話で手続きをすることができます。

ただ、携帯電話(スマホ)から手続きを行う場合は、あなたの固定電話を管轄しているエリア(NTT東日本、もしくはNTT西日本)の番号から電話をかけるようにしてください。

各手続きの詳細は下記でまとめています。

電話で手続きを行う場合
  • 固定電話から手続き:「116」電話受付可能時間 9時~17時(土日祝日も対応)

※年末年始はお休みになります。

携帯電話から手続きを行う場合には下記の番号からかけるように。

  • NTT東日本:0120-116-000
  • NTT西日本:0800-2000-116

電話での手続きを行うとき、昼間や土日(祝日)は、窓口が混み合っていて、なかなか電話が繋がらないことがあります・・・

ですから、電話で手続きを行う場合は、平日の午前中などに時間を見つけて電話をかけてみるようにしてください。

また、下記では電話で手続きを行う前の確認事項をまとめています。

確認事項
  • 現在使っている電話番号
  • 契約者の名前
  • 現住所・新住所
  • 移転希望日

インターネットで手続きをする

インターネットで手続きをする場合には、引っ越し先のNTTサイトから手続きを行うようにしてください。

インターネットで手続きを行う場合

(例)東京→大阪へ引っ越しの場合は、NTT西日本のサイトから手続きをする。

インターネットで手続きをする方法は、上記のURLからサイトの内容に従って手続きを行うだけです。

インターネットでの手続きは5分程度でカンタンに終わります。

個人的には、電車の移動時間や仕事の合間にサクッと手続きができるインターネットを使うことをオススメします。

とくに、仕事で忙しい方の場合、電話で手続きをする時間を作るのが難しいと思います。ですから、インターネットを使って自分の空いている時間に手続きを済ませてしまうのが一番手っ取り早いですよ♪

また先ほどもお話しましたが、あなたの引っ越し先によってNTT東日本で手続きを行えば良いのかNTT西日本で手続きをすれば良いのかが変わってきます。

自分がどのエリアからどのエリアに引っ越しかによって、手続きをするべき管轄エリアがNTT東日本なのか、NTT西日本なのかを調べてみるようにしてくださいね。

固定電話の移転手続き方法

これから新居に引っ越しをしても、あなたが使っている電話会社が変わらない場合は、固定電話の移転手続きを行います。

手続きは、インターネット、もしくは電話から行うようにしてくださいね。

また、手続きを行うときに新居で移転工事が行われる場合は、引っ越しの3週間前までには移転手続きの連絡を行うようにしてください。

連絡が遅れてしまうと、新居での移転工事も遅れてしまいます・・・

そのぶん、固定電話が使える時期が遅くなってしまうため、手続きの連絡は早めに行うことが大切です。

一方で、移転工事の必要がない場合は引っ越しの2週間前に手続きの連絡をすればOKです。

また、移転手続きにかかる費用は無料です。

手続きをする上での確認事項については、下記の表でまとめていますので参考にしてみてくださいね♪

固定電話の移転手続き
方法 電話orネット
時期 引っ越しの2~3週間前までに
手続きにかかる費用 無料
確認事項 ・電話番号
・契約者名義
・現在の住所
・新住所
・工事の希望日
・料金支払い方法

固定電話の解約・新規契約手続きの方法

引越しに伴い電話会社が変わる場合は、固定電話の解約手続きをし、その後新規契約手続きを行います。

固定電話の解約手続きは現住所で行い、新規契約手続きは新住所で行うことになります。

まずは、解約手続きの方法からお話ししますね!

固定電話の解約手続き方法

固定電話の解約手続きは電話かインターネットで済ませることができます。

ちなみに、解約手続きには3種類あるんです。

それは次の3つです。

解約の種類
  • 解約・・・今使っている固定電話を今後一切使わない場合
  • 一時停止・・・再び今使っている電話番号を使う場合(毎月基本料金が発生)
  • 利用休止・・・固定電話が利用できる権限を預かってもらうことができる(最大で10年間)

今後また仕事で固定電話を使うことがある場合は、上記のように解約以外の手段もあるということを理解しておくようにしてくださいね。

引っ越しに伴い、固定電話を解約する場合は、解約の申し込み後すぐに「加入電話等契約解除通知書」が送られてきます。書類の必要項目を記入し、もう一度返送することで固定電話の解約手続きが完了します。

なお、解約手続きを行う場合は、下記の項目を確認しておくようにしてくださいね。

固定電話の契約手続き方法

固定電話の新規契約も「電話」もしくは「インターネット」から行うことができます。

固定電話の新規契約では、新住所がわかる書類が必要になります。例えば、「住民票、運転免許証・国民健康保険証」などです。これらの書類はコピーをし、電話会社の指示に従って提出するようにしてください。

なお、固定電話の契約では、契約料や設備負担金、また工事費用がかかります。

各費用の目安は次のようになります。

固定電話の契約手続きでかかる費用目安
契約料 約1,000円
設備負担金 約40,000円
工事費用 約2,000円

固定電話の契約にかかる費用については、前もって電話会社に聞いてみるようにしましょう。

固定電話の工事が必要になる場合、工事の予約をスムーズに取るためにも、引っ越しの2~3週間前には手続きの連絡を済ませるようにしてください。

とくに3月〜4月は、引っ越しシーズンになるので、各電話会社が工事の予約で埋まっていきます・・・

「工事が遅れて、新居に到着後3週間以上も固定電話を使えない・・・」という事態にならないためにも、手続きの連絡は早めに行うようにしましょうね!

他の電話会社を利用している場合

NTTではない電話会社を使っている方は、引っ越しが決まったらまずはあなたが契約している電話会社に連絡をしてください。

またNTT以外の電話会社を使っている場合は、引っ越し先でも電話のサービスが利用できるのか聞いてみることがとても大切です。

場合によっては、あなたが利用している電話会社を解約し、新しく別の電話会社と契約しなければならないこともあります。

ですから、NTT以外の電話会社を使っているのであれば、早いうちに相談してみるようにしましょう。

また新しい電話会社と契約をすることになったら、引っ越しの約2週間前には申し込みを済ませておくのがベストです!

まとめ〜固定電話の移転・解約・新規契約手続き〜

いかがでしたか?

電話回線の引っ越しは電話会社に直接電話をしたり、インターネットからカンタンに移転手続きをすることができます。

単身引っ越しの場合、自分で行わなければ手続きが多いため、電話の手続きはうっかり忘れてしまいがちです。

ですが、引っ越しをする上で行う手続きは忘れずに紙に書き出すなどし1つ1つの手続きを行うようにしてください。

固定電話の手続きは、引っ越しの2週間前には終わらせておくようにしましょうね(^ ^)

引っ越し料金は、同じ内容でも引っ越し業者によってまったく違います。
料金が2〜3万違うなんてことは、ざらにあります!

また、一人暮らし向けの「単身パック」も業者ごとで料金が違い、場合によっては単身パックを使わないほうが安く引っ越しができることも・・・

そこで確実に最安値の引っ越し業者を見つけるためには「一括見積もりサービス」を使って、複数の業者から見積もりを集め、料金を比べてください。

数多くある一括見積もりサービスのなかでも、私がイチオシするのは「引越し達人」です(^^)

引越し達人は、荷物の種類や量を入力しなくて良いので、30秒ほどで最大15社から見積もりを手に入れることができます。(もちろん、サービスは無料で使うことができますよ♪)

あとは見積もりを比較するだけでOK!たったこれだけで、引越し達人では最大55%も安くなっちゃいます。

スマホからでも簡単に最安値の引っ越し業者を探すことができるので、引越しの達人を使わないのは損です!ぜひ使ってみてくださいね!