引っ越し前に行うべき!インターネット契約の変更手続き方法を徹底解説

い今住んでいる賃貸マンション(アパート)でインターネットを使っている場合、引っ越しに伴い「インターネット契約の変更手続き」を行わなければいけません。

インターネット契約の変更手続きと聞くと、「どこで手続きをしたらいいのかわからない・・・」「インターネット契約は継続?切り替え?どっちがいいの?」など、疑問や不安がたくさんありますよね。

実際に私も、自宅でwifiを使っていますが、インターネット契約の変更手続きとなると、どうやって手続きをすればいいのかサッパリ分かりませんでした(笑)

佐藤ココミ
今では、6回ほどの引っ越しを経験しているため、インターネット契約の変更手続きを行うのも難しいと感じることはなくなりましたよ( ^∀^)

インターネット契約の変更手続きは、「継続」もしくは「切り替え」の2通りあります。

手っ取り早くラクなのは「継続」、お得なのは「切り替え」というイメージです。

ちなみに、インターネット契約の変更手続きは、申し込みから新居でインターネットが使えるようになるまでに2〜4週間ほどかかるというデメリットもあります。

ですから、引っ越しが決まったら早めに手続きを行うことが大切なんですよ。

長くなりましたが、ここでは「インターネット契約の変更手続き」の方法をわかりやすく解説していきたいと思います!

インターネット契約の変更手続きは「継続」「乗り換え」の2通り!

冒頭でもお話ししましたが、インターネット契約の変更手続きは「継続」と「切り替え」の2通りあります。

あなたが、今住んでいる賃貸マンション(アパート)でインターネットを使っている場合、次の回線会社、プロバイダと契約しているはず。

契約している回線会社、プロバイダ一覧
回線会社 NTT東日本、NTT西日本、KDDI、ソフトバンクBB、フレッツ光、ドコモ光、au光
プロバイダ OCN、So-net、@nifty、BIGLOBE、Yahoo!BB

ちなみに、回線会社とは、フレッツ光、ドコモ光、au光などの光回線、NTT東日本、NTT西日本などのネット回線を管理している会社のことです。

続いて、プロバイダとは、インターネットに繋げてくれる事業者のことです。

これから、引っ越しを機にインターネット契約の変更手続きをするとなれば、これらの回線会社、プロバイダを「継続する」もしくは「切り替えをする」ことになります。

インターネット契約の「継続手続き」

現在使っているインターネットの契約を継続するのであれば、引っ越しに伴う手続きは何もありません。

要するに、「解約手続き」や「新規契約手続き」を改めて行う必要がないということです。これはとってもラクですよね!

ただ、仮に引っ越し先の新居に「インターネット回線」が繋がっている場合は、今契約しているインターネットが使えないことがあります。

佐藤ココミ
特に最近の賃貸マンション(アパート)は、事前に回線会社やプロバイダが決まっていることが多いんです。

ですから、インターネット契約の継続をする前には、引っ越し先の新居にインターネット環境が整っているのかどうか確認してみることが大切です。

同時に、インターネット契約を継続する前に、次のポイントを理解しておくようにしてください。

インターネット契約を継続する前の確認事項
  • 新居でのインターネット開通工事には5,000円〜10,000円ほどの費用がかかる
  • 今使っている回線、プロバイダが新居で対応していない場合がある(要確認)
  • 引っ越し先の環境により、ネット回線の速度が遅くなる可能性あり

現在契約しているインターネット回線が問題なく使うことができるのであれば、以下の手順で「インターネット回線の継続手続き」を行ってくださいね( ^∀^)

STEP.1インターネット契約の移転手続きを行う

インターネット契約の継続手続きを行う場合は、現在契約している会社に「移転」の連絡を入れるようにしてください。

インターネット契約の移転連絡は、電話かインターネットで行うことができます。

インターネットでの手続きは、電車の中や寝る前など自分の好きな時間に行うことができます。

しかし、インターネット契約の移転手続きを行う場合、「引っ越し先での移転工事の日程決め」や「プランの案内」など細かい内容を決めなくてはいけません。

佐藤ココミ
インターネット契約の移転手続きを行う場合は、電話で手続きを済ませる方がスムーズです。

また、インターネット契約の移転手続きを行う場合は、「お客様ID」もしくは「回線のID」が必要です。これらの情報は、インターネットを契約したときに発行された「契約書類」に記載されています。

手続きを行う際は、手元に用意しておくようにしましょう!

STEP.2インターネット開通の工事日程を決める

インターネット契約の継続を行う場合には、契約している回線会社、プロバイダと「インターネット開通の工事日程」を決めなくてはいけません。

引っ越し先でインターネットを繋ぐときは、ネット環境を整えるために回線工事をする必要があるんです。

ですから、引っ越し後あなたのスケジュールの空きがある日程ですぐにインターネット開通工事を済ませるようにしてください。

STEP.3インターネット設備の撤回工事とレンタル機器の返却

引っ越し先のインターネット開通工事の日程が取れたら、今度は現在の住まいのネット設備を撤回しなくてはいけません。

また、モデムやルーターなどのレンタル機器の返却も行う必要があります。

旧居でインターネット設備の撤去工事を行うためにも、引っ越し前に工事をするための時間を確保するようにしてください。

モデムやルーターなどのレンタル機器を返却する場合は、返却用の梱包グッズが送られてきます。レンタル機器は、梱包グッズに入れて返信をすればOK。

返信用の梱包グッズは、契約中のインターネット回線会社、プロバイダに連絡をするとすぐに自宅に郵送してくれますよ。

STEP.4インターネットの開通工事

引っ越し先に到着したら、インターネット開通工事を予約した日程を待ちます。

インターネット回線会社、プロバイダは、あなたが決めた日程でネットの開通工事を行ってくれます。

佐藤ココミ
工事にかかる時間は10分〜15分ほどですよ(^ ^)

この場合は、工事が済むまでは自宅を出ることができません。ですから、時間に余裕を持って工事の日程を決めるようにしてくださいね。

STEP.5インターネット開通(完了!)

引っ越し先でインターネットの開通工事が終わると、その日からすぐにインターネットを使うことができます!

インターネット契約の「乗り換え手続き」

続いて、インターネット契約の乗り換え手続きを行う場合です。

現在の賃貸マンション(アパート)で使っている回線会社、プロバイダを乗り換えるには、「解約」と「新規契約」を行ってください。

佐藤ココミ
回線会社、プロバイダを新規契約する場合は、「工事費用無料サービス」「月額費用は初回無料」など、お得なサービスをしていることが多いです。

ですから、インターネット契約を継続するよりもお得がいっぱいなんですよ( ^∀^)

ただ、インターネット契約の乗り換えも、上記で説明した「継続手続き」を同じで、引っ越し先の賃貸マンション(アパート)で指定の回線会社、プロバイダがあるのであれば、今使っている契約を「解約」しなければいけません。

ですから、何にせよまずは引っ越し先の賃貸マンション(アパート)の管理会社に電話で確認を取ってみることが最優先です。

仮に、インターネット契約を別の回線会社、プロバイダに切り替える場合は次のポイントに注意するようにしてくださいね。

インターネット契約の切り替え手続きの確認事項
  • 契約期間の途中での解約は「違約金」が発生する
  • 回線工事を自分で行う際は、撤去工事も自分で行うことになる
  • プロバイダにより、レンタル機器の返却の送料を自己負担しなくてはいけないことも

上記のポイントを理解した上で、以下で説明する「インターネット契約の切り替え手続き」の手順を確認してください( ^∀^)

STEP.1新規契約するインターネット会社を決める

インターネット契約の切り替え手続きを行う場合は、新規契約するインターネット会社を決めることから始めてください。

ただ、引っ越し先の賃貸マンション(アパート)に決められた回線会社、プロバイダがあるかもしれません。

佐藤ココミ
新規契約するインターネット会社を決める前に、まずは引っ越し先の管理会社に確認をとってみることが大切です。

インターネット回線会社や、プロバイダは、新規契約に伴い「初月費用の割引」や「インターネット回線の取り付け工事無料」などお得なキャンペーンを行っていることが多いです。

ですから、このようなお得なプランを比べながら、自分が満足のいくインターネット会社を決めるようにしてくださいね!

STEP.2インターネット開通の日程を決める

契約するインターネット会社が決まったら、インターネット開通の日程を決めます。

要するに、引っ越し先の新居で、いつインターネット開通工事を行ってもらうかの日取りを決めるというわけです。

ちなみに、3月〜4月にかけては、多くの社会人や学生が就職や進学に向けて引越しを開始します。

ですから、春の時期は自分の思う日程でインターネット開通工事をお願いすることができないかもしれません。

なんにせよ、インターネット開通の日程を決めるときは、早めに契約する会社に相談してみることが大切ですよ。

STEP.3契約中のインターネット回線会社、プロバイダの解約をする

インターネット開通工事の日程が決まったら、現在契約中のインターネット回線、プロバイダに解約の連絡を行ってください。

ちなみに、インターネット回線とプロバイダの両方セットになっているプランを契約している場合は、どちらかに解約の連絡をすればOKです。

ただ、それぞれ別々に契約をしているのであれば、契約中のインターネット回線会社、プロバイダに解約の連絡を行ってくださいね。

STEP.4インターネット回線撤去工事、レンタル機器の返却

現在使っているインターネット回線、プロバイダの解約をすると、回線の撤去工事と、モデムやルーターなどのレンタル機器の返却を求められます。

この場合は、旧居でインターネット回線の撤去工事を行う時間を確保するようにしてください。

モデムやルーターなどのレンタル機器を返却する際は、返却用の梱包グッズが送られてきます。レンタル機器は、梱包グッズに入れて返信をすればOKです。

返信用の梱包グッズは、契約中のインターネット回線会社に解約の連絡を行うと、自宅に郵送してくれます。

STEP.5インターネット契約の解約金を支払う(完了!)

インターネット回線の撤回工事、レンタル機器の返却を行ったら、契約していたインターネットの解約金を支払ってください。

このとき、契約していたインターネット回線、プロバイダが契約満了の時期であれば、お金を支払う必要はありません。ただ、ほとんどの場合は「途中解約」をするはずです。

途中解約をすると、1〜3万円ほどの違約金が発生します。

ただ、この違約金は新たに契約するインターネット会社がキャンペーンとして、違約金の負担をしてくれることもあるんです。

実際に私も、インターネット回線を途中解約したことがあります。

このときは、賃貸マンションでインターネット回線の契約をしていたのですが、途中で持ち運びに便利なポケットwifiに切り替えをしました。

当時、途中解約にかかる違約金は2万円ほどでしたが、この違約金はキャンペーンとして新規契約したインターネット会社が負担してくれました!

これはめちゃくちゃ助かりましたよ(笑)

佐藤ココミ
このように、新規契約するインターネット会社によっては、違約金の負担をしてくれることがあります。

ですから、新規契約するインターネット回線、プロバイダを探すときはこのポイントも重視することをオススメします!

長くなりましたが、インターネット契約の解約金(違約金)を支払ったら、切り替え手続きが完了します。

あとは、新居でインターネット回線の開通工事を行えば、その日からインターネットを使うことができますよ( ^∀^)

インターネット契約の変更手続きは早めに行うことが重要!

ここまでは、インターネット契約の変更手続きの方法について説明しました。

手続きの流れは理解できましたか?

インターネット契約の変更手続きは、とにかく早めに行うことが大切です。

インターネット契約 変更手続き

インターネット契約の変更手続きは、申し込みから新居でネットが使えるようになるまでに2〜4週間ほど時間がかかってしまいます。

引っ越し後は、新居でネット回線の工事を行わなければいけません。

回線会社やプロバイダの契約が混み合っている場合、工事の予約が取りにくくなることがあります。

特に引っ越しをする人が多くなる3月4月の時期は、早めにインターネット回線の「継続」「切り替え」手続きを行わないと、引っ越し後すぐにインターネットを使うことができなくなってしまいます(汗)

普段から仕事でインターネットを使ったり、ネットで調べものをしたりすることが多い場合は、かなりのストレスになってしまいます・・・。

佐藤ココミ
引っ越しが決まったら最低でも引っ越しの2週間前までには手続きを済ませるようにしてくださいね。

また、繰り返しになりますが、インターネット契約の「継続」もしくは「切り替え」手続きを行う前には、引っ越し先の賃貸マンション(アパート)で、指定されている回線会社、プロバイダがないか確認するようにしてください。

仮に、引っ越し先で指定されている回線会社、プロバイダがある場合は、あなたが現在使っているインターネット回線を解約しなくてはいけません。

ですから、インターネット契約の変更手続きを行うときにまず優先すべきことは「引っ越し先の賃貸マンションの管理会社に確認を取ること」です。

インターネット回線の変更手続きは、手順よく進めるようにしてくださいね!

ポケットwifiを使っている場合は手続きの必要なし

ちなみに、現在住んでいる賃貸マンション(アパート)で、持ち運びに便利な「ポケットwifi」を使っている場合は、引っ越しに伴う手続きの必要がありません。

インターネット ポケットwifi

ポケットwifiは、一度契約すると、インターネットが繋がる場所であれば、どこでもネットを使うことができます。

あなたの引っ越し先で、あなたが契約しているポケットwifiが利用可能地域となっていれば、問題なく今までどおり、インターネットを使うことができます。

ただ、ポケットwifiを契約したときは、氏名とともに「住所」を登録したはずです。

ですから、引っ越し後空いている時間を見つけて、プロバイダに連絡をし、住所変更の手続きだけ済ませておくようにしてください。

ちなみに、ポケットwifiも利用可能地域から外れていると、インターネットが繋がらない状況になってしまいます。

佐藤ココミ
引っ越しをする場合は前もってポケットwifiを契約したプロバイダ会社に「引っ越し先の住所でwifiを使うことができるかどうか」の確認をしてみるようにしてくださいね。

ポケットwifiは、自宅以外にもカフェやファミレス、仕事先などあらゆる場所で使うことができて便利なアイテムです。

引っ越し後は、今使っている回線会社、プロバイダ会社を解約し「ポケットwifi」に切り替えるのオススメですよ( ^∀^)

まとめ〜インターネット契約の変更手続き〜

ここでは、インターネット契約の変更手続きについて解説しました。

いかがでしたか?

インターネット契約の変更手続きを行う場合は「継続」か「切り替え」の2通りです。

ただ、引っ越し先の新居で指定されている回線会社やプロバイダがある可能性もあります。

ですから、インターネット契約の変更を行う前に、まずは、引っ越し先の賃貸マンション(アパート)の管理会社、もしくは大家さんに指定の回線やプロバイダがあるのか確認してみることが大切です。

確認が取れた後で、現在使っているインターネット契約を継続するのか、切り替えるのかを決めるようにしてくださいね。

また、ポケットwifiを使っている場合は、引っ越しに伴い手続きを行う必要はありません。

ただし、引っ越し先であなたが今使っているポケットwifiが繋がるのかどうかは、事前に契約しているプロバイダ会社に確認をとったほうが良いです。

佐藤ココミ
インターネットは、仕事で使ったり、調べ物をしたり、スマホアプリやLINEで使ったりと、普段の生活で必要不可欠です。

引っ越し後、スムーズにインターネットを使えるようにするためにも、契約変更手続きは早めに行うようにしてくださいね( ^∀^)

引っ越し料金は、同じ内容でも引っ越し業者によってまったく違います。
料金が2〜3万違うなんてことは、ざらにあります!

また、一人暮らし向けの「単身パック」も業者ごとで料金が違い、場合によっては単身パックを使わないほうが安く引っ越しができることも・・・

そこで確実に最安値の引っ越し業者を見つけるためには「一括見積もりサービス」を使って、複数の業者から見積もりを集め、料金を比べてください。

数多くある一括見積もりサービスのなかでも、私がイチオシするのは「引越し達人」です(^^)

引越し達人は、荷物の種類や量を入力しなくて良いので、30秒ほどで最大15社から見積もりを手に入れることができます。(もちろん、サービスは無料で使うことができますよ♪)

あとは見積もりを比較するだけでOK!たったこれだけで、引越し達人では最大55%も安くなっちゃいます。

スマホからでも簡単に最安値の引っ越し業者を探すことができるので、引越しの達人を使わないのは損です!ぜひ使ってみてくださいね!