引っ越し1週間前までにやることリスト・手続き一覧完全ガイド【単身・一人暮らし用】

「引っ越し1週間前になったらやること、手続きをの流れが知りたいけど、何からやればいいのかわからない・・・」

「引っ越しをするときにやることリストの流れがわからない・・・かといって、手続きのわかりやすいサイトもないし」

引っ越しの1週間前にやることは、転出届や国民健康保険のなどの「役所関係の手続き」です。

役所関係の手続きは、引っ越しをする上で忘れてはいけない大切な手続きです。

役所での手続きは引っ越しの14日前から行うことができるため、最低でも引っ越しの1週間前までには済ませるようにしてください。

このページでは、引っ越し1週間前までにやること、手続きの流れを解説しています!

ぜひ、参考にしてみてくださいね♪

単身の引っ越し1週間前にやることリスト!手続きは4つ!

引っ越し1週間前になったらやることは、転出届や国民健康保険、そして印鑑登録の廃止など「役所関係」の住所変更手続きです。

また、バイクを持っている方や、ペットと一緒に引っ越しをする方は、引っ越し1週間前にそれぞれの登録変更手続きをしてください。

引っ越し1週間前までにやること・手続き
  1. 転出届
  2. 国民健康保険の資格喪失手続き
  3. 印鑑登録の廃止手続き
  4. 原付バイクの住所変更手続き(該当者のみ)

引っ越し1週間前は、役所でやることがたくさんあります。

役所関係の手続きは1度で全て済ませてしまうように、必要書類は全部持っていくようにしてくださいね。

各種手続きのくわしい内容は下記でまとめています。

ぜひ、参考にしてみてくださいね(^ ^)

引っ越し1週間前までにやること(手続きの流れ)をまとめたのが次の表です。

引っ越し1週間前までにやること、手続きはこちら

手続きは上から順に進めていくと良いですよ♪

転出届

やること・手続き
手続き先 役所
方法 直接訪問
手続きをする人 本人
必要なもの
  • 転出届
  • 身分証明証
  • 印鑑
備考欄 転出届は役所に用意されている

国民健康保険の資格喪失(しかくそうしつ)手続き

やること・手続き
手続き先 役所
方法 直接訪問
手続きをする人 本人
必要なもの
  • 国民健康保険
  • 身分証明証
  • 印鑑
備考欄 役所関係の手続きは1度に全て済ませよう

印鑑登録の廃止手続き

やること・手続き
手続き先 役所
方法 直接訪問
手続きをする人 本人
必要なもの
  • 印鑑
  • 身分証明証
備考欄 役所関係の手続きは1度に全て済ませよう

バイク・原付の廃止手続き

やること・手続き
手続き先 役所
方法 直接訪問
手続きをする人 本人
必要なもの
  • 印鑑
  • 身分証明証
備考欄 該当者のみ

それぞれの手続きについて、くわしい内容は以下で1つ1つ説明しています。

転出届の手続き

転出届の手続きは、引っ越しを行う上で忘れてはならない大切な手続きです。

手続きに必要な書類は役所に用意されています。

手続きは、あなたの住んでいる市区町村の役所で行うようにしてください。

例えば、東京都中央区に住んでいる場合は、中央区の役所で転出届の手続きをすることになります。

やること・手続き
手続き先 役所
方法 直接訪問
必要なもの
  • 国民健康保険
  • 身分証明証(免許証・保険証など)
  • 印鑑
手続きを行う人 本人

役所に転出届を提出すると「転出証明書」が発行されます。

転出証明書とは「旧住所から新住所に住民票を移しますよー」ということを知らせる大切な書類のことです。

転出証明書は転入届を提出するときに必要になりますので、無くさずに保管しておくようにしてくださいね。

ちなみに、転出届の手続きを忘れてしまうと、引っ越し先で転入届の提出をすることができなくなります・・・

すると、どんなことが起きるかというと、住民票の発行ができなくなってしまうんです。(汗)

住民票の発行ができなければ、運転免許証や軽自動車などの住所変更手続きをすることができません。

場合によっては、5万円以下の罰則を課せられることがあります・・・

転出届の手続きは早くて引っ越しの14日前から行うことができます。

転出届を提出しないと、引っ越し先でかなり大変な目にあってしまうため、忘れずに手続きを済ませてくださいね♪

転出届の手続きについて、さらにくわしく内容は「役所で行う転出届の手続き方法を徹底解説!手続きは引っ越し前に忘れず行おう」のページをで解説しています。

国民健康保険の資格喪失手続き

国民健康保険の資格喪失(しかくそうしつ)手続きも、引っ越し1週間前にやることです。

国民健康保険の券面

手続きに必要な情報は、次の表でまとめています。

やること・手続き
手続き先 役所
方法 直接訪問
必要なもの
  • 身分証明書
  • 健康保険証
  • 印鑑
手続きを行う人 役所関係の手続きは1度に全て済ませよう

国民健康保険の住所変更は同一市区町村に引っ越しをする場合と、別の市区町村に引っ越し場合で手続きの仕方が変わります。

まず、同一市区町村に引っ越しをする場合は、住所を管轄している自治体が変わらないため、手続きは「住所変更」だけでOKです。

現住所の役所で「転居届」と一緒に手続きを済ませてしまうとラクですよ♪

続いて、別の市区町村に引っ越しをする場合です。

例えば、あなたが北海道から東京に引っ越しをするとなると、引っ越し元となる北海道で「国民健康保険の資格喪失(しかくそうしつ)手続き」を行い、引っ越し先となる東京の役所で「国民健康保険の加入手続き」をすることになります。

要するに、別の市区町村に引っ越しをする場合は、引っ越し元・引っ越し先の2回に分けて役所で手続きを行わなくてはいけないというわけですね。

佐藤ココミ
国民健康保険の手続きは、転出届、印鑑登録の廃止手続きと一緒に済ませることで何度も役所に足を運ぶ必要がなく、ラクですよ♪

国民健康保険の手続きについて、さらにくわしく知りたい方は「引っ越しで必要な国民健康保険の住所変更手続きを2STEPで解説!」を読んでみてくださいね(^ ^)

印鑑登録の廃止手続き

引っ越しをする前にやることとして、印鑑登録の廃止手続きがあります。

印鑑登録の引っ越し手続き

印鑑登録の手続きで必要な情報をまずは次の表でまとめました。

やること・手続き
手続き先 役所
方法 直接訪問
必要なもの
  • 身分証明書
  • 印鑑
手続きを行う人 役所関係の手続きは1度に全て済ませよう

印鑑登録とは、あなたが住んでいる役所で印鑑を登録することです。

印鑑を登録することで「印鑑登録証明証」が発行され、印鑑があなたのものであることを証明することができます。

これから別の市区町村に引っ越しをする場合は、印鑑登録の廃止手続きを行う必要があります。

続いて引っ越し先の役所では、新たに印鑑の再登録手続きを行ってください。

ちなみに、同一市区町村い引っ越しをする場合は、印鑑の住所変更手続きは必要ありません。

ですから、別の市区町村(大阪→東京へ引っ越しをするなど)に引っ越しをする場合のみ、印鑑の手続きを済ませるようにしてくださいね♪

印鑑登録の手続きは、役所で行うことになるので、転出届や国民健康保険などの手続きと同時に済ませてしまいましょう。

印鑑登録のさらにくわしい手続き方法は「引っ越しで必要な印鑑登録の住所変更手続きの方法を徹底解説!」で紹介しています。

気になる方は、ぜひ読んでみてください(^ ^)

バイク・原付の廃車手続き

バイク、もしくは原付を持っている方は、バイクの引っ越し手続きを行う必要があります。

やること・手続き
手続き先 役所
方法 直接訪問
必要なもの
  • 印鑑
  • 身分証明証
手続きを行う人 本人

なぜバイクを持っている場合、住所変更の手続きをしなくてはならないかというと理由はこうです。

車と同じで、バイクも税金がかかります。税金の納付書は登録されている住所に郵送されるため、引っ越しをするときは、郵送先の住所を変更しておかなければ、書類が旧居に送られてしまうのです。

すると、いつまでも税金の納付書が新居に届かないので「税金が未払い・・・」ということになってしまうというわけです。

税金を支払うのは国民の義務です。払い忘れずと、延滞金を取られてしまいますので、バイクの廃車手続きは忘れずに行うことが大切です。

バイクの廃車手続きを行うときは、まず引っ越し元の役所へ行き「廃車証明書」を発行してもらいましょう。

廃車証明書とは、その名のとおり、バイクが廃車したことを証明するための資料のことです。

引っ越し元の役所で車庫証明書を発行してもらったら、引っ越し先の役所に証明書を提出することで新しいナンバープレートをもらうことができます。

原付バイクの手続きは以上で完了です。

また、引っ越し元の役所で発行された「廃車証明書」は無くさずに保管しておくようにしてください。

また、軽二輪バイク、もしくは小型二輪バイクを持っている場合は、役所ではなく「引っ越し先を管轄している運輸支局」で手続きを行うことになります。

バイク・原付の手続きについて、くわしい内容は「バイク・原付の引っ越し手続きの方法を徹底解説!」のページで徹底解説していますので、読んでみてくださいね!

単身の引っ越し1週間前までにやること・手続きまとめ

引っ越し1週間前にやること・手続きについては理解できましたか?

このページで紹介した手続きをもう一度まとめてみました。

引っ越し1週間前までにやること・手続き
  1. 転出届
  2. 国民健康保険の資格喪失手続き
  3. 印鑑の廃止手続き
  4. 原付バイクの廃車手続き(該当者のみ)

引っ越し1週間前は、荷造りの準備でやることが多く忙しい時期かもしれません。

ただ、引っ越しの手続きを1つ1つ片付けていかないと引っ越しが完了しません。

ですから、時間を有効に使って手続きを済ませてくださいね♪

ちなみに「まだ、引っ越し業者を見つけてない・・・」という場合はかなりヤバイです!

引っ越し業者を見つけてない場合は、どの作業よりもまず業者選びを最優先してくださいね。

続いて、引っ越し1週間前〜3日前までにやること、手続きの流れについては「引っ越し1週間前〜3日前までにやること・手続き一覧完全ガイド【単身・一人暮らし用】」のページを読んでみてください♪

引っ越し料金は、同じ内容でも引っ越し業者によってまったく違います。
料金が2〜3万違うなんてことは、ざらにあります!

また、一人暮らし向けの「単身パック」も業者ごとで料金が違い、場合によっては単身パックを使わないほうが安く引っ越しができることも・・・

そこで確実に最安値の引っ越し業者を見つけるためには「一括見積もりサービス」を使って、複数の業者から見積もりを集め、料金を比べてください。

数多くある一括見積もりサービスのなかでも、私がイチオシするのは「引越し達人」です(^^)

引越し達人は、荷物の種類や量を入力しなくて良いので、30秒ほどで最大15社から見積もりを手に入れることができます。(もちろん、サービスは無料で使うことができますよ♪)

あとは見積もりを比較するだけでOK!たったこれだけで、引越し達人では最大55%も安くなっちゃいます。

スマホからでも簡単に最安値の引っ越し業者を探すことができるので、引越しの達人を使わないのは損です!ぜひ使ってみてくださいね!