繁忙期(3月〜4月)の引っ越し!気になる単身引っ越しの料金相場を解説

新生活や新学期に備えて引っ越しをする単身者が多くなる季節といえば3月~4月ですよね。この時期は、引っ越し業者の中でも年で一番忙しい時期でもあります。

ですので、この時期は引っ越し依頼が多い分、業者では人員不足になってしまったり、トラックに空きがなくなってしまいます。するとどうしても各業者の引っ越しの料金は閑散期(5月~2月)と比べると、高くなってしまうのです。

繁忙期の引っ越しでは、大体どのくらいの料金で引っ越しができるのか相場を知っておきたいですよね。

また、繁忙期の3月4月にどうしても引っ越しをしなくてはならない単身者にとっては、少しでも引っ越し料金を安く抑えたいものです。

ここでは、そんな人のために「繁忙期の引っ越し料金相場」や「引っ越し料金を安く抑えるためのコツ」について紹介しています。

繁忙期(3月〜4月)の単身引っ越し料金相場

単身者の繁忙期の引っ越しでは「どのくらいの費用がかかるのか」知りたいですよね。

単身引っ越しでは、引っ越し先でも仕事の準備に向けてお金がかかってしまいます。ですので、繁忙期の引っ越し料金相場はあらかじめ知っておく必要があります。

以下では、費用の差をわかりやすく閑散期(2月〜5月)と繁忙期(3月〜4月)で比べています。

引っ越しのときの参考にして見てくださいね(^-^)

閑散期の単身引っ越し料金相場

閑散期の引っ越し料金相場の詳しい内容は以下の表をご覧ください。

距離 単身 荷物小 単身 荷物大
〜15km未満(市区町村内) 平均28,616円 平均37,664円
〜50km未満(都道府県内) 平均33,727円 平均39,653円
〜200km未満(同一地方内) 平均43,039円 平均50,339円
〜500km未満(近隣地方) 平均51,389円 平均63,414円
500km〜(遠距離地方) 平均50,664円 平均69,918円

参考:引っ越し価格.com「http://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/」

引っ越し料金は、引っ越し先までの距離や荷物量で料金は変わります。閑散期の引っ越しは、安くて3万円〜5万円ほどで引っ越しを終える人が多いようです。

繁忙期の単身引っ越し料金相場

続いて、繁忙期の単身引っ越し料金の相場です。詳しい内容は以下の表を確認ください。

距離 単身 荷物小 単身 荷物大
〜15km未満(市区町村内) 平均34,466円 平均47,092円
〜50km未満(都道府県内) 平均39,721円 平均49,044円
〜200km未満(同一地方内) 平均53,004円 平均59,731円
〜500km未満(近隣地方) 平均48,826円 平均74,042円
500km〜(遠距離地方) 平均61,465円 平均81,362円

参考:引っ越し価格.com「http://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/」

閑散期と繁忙期の単身引っ越し料金の差を比べてみると、約1万円ほどの差が出てきます。

やはり、繁忙期の単身引っ越しとなると、引っ越し依頼が多くなる分どうしても引っ越し料金が割高になってしまうということですね。。。

また、上記の料金はあくまでも相場の目安です。

各業者によって、引っ越し料金の設定は変わってきますので、より確実な料金を知りたい人は、直接業者に問い合わせてみるようにしてください。

引っ越し料金は業者によってかなり差が出る!

繁忙期の引っ越しでも、各引っ越し業者によって料金設定に差が出てきます。

引っ越し料金は、規定があるわけではなく、各業者によって様々です。繁忙期でもかなり安い値段で引っ越しを受けてくれる業者もあれば、繁忙期だからこそかなり高い料金設定をしている業者もあります。

たとえば、東京から大阪に引っ越し場合、同じ距離や荷物量でも引っ越し業者によって見積もり額が変わってきます。これは、業者ごとに引っ越し料金の構成が違うからです。

引っ越し料金の構成については以下で説明していますのでご覧ください。

引っ越し料金の基本的な構成

引っ越し料金は基本的に料金構成から見積もり料金が算出されています。

詳しい料金構成は以下を確認ください。

引っ越し料金の構成

引っ越し料金=「基本運賃」+「実費」+「割増料金」+「オプション」

基本運賃

引っ越しの移動距離・移動時間により定められた料金。トラックのサイズによっても、基本運賃は変わってくる。

実費

「トラックの数」「引っ越し作業にかかる人件費」「梱包代」「引っ越しの時間」「交通費」などから計算される。

割増料金

「平日・土日」「深夜」「繁忙期」により、割増料金がかかってしまうことがあります。

オプション

「ゴミの処分」「エアコンの取り付け作業」「車の運搬作業」などの付帯作業にかかる料金

引っ越し料金は、この4つの要素で構成されています。

単身者の引っ越し料金を安くするためにも、まずはこの基本的な引っ越し料金の構成を確認することが大切です。

繁忙期の単身引っ越しを安くする3つのコツ

単身者の繁忙期の引っ越しでもある3つのポイントを抑えることで、引っ越し料金を安くすることができます。

ただでさえ、高くなりがちな引っ越し料金。。。少しでも費用は安く抑えたいものですよね。

これから説明する3つのポイントは、私が実際に実行したことがあります。以下の3つのポイントをしっかり実行することで引っ越し料金を、実際の見積もりよりも1万円以上安くしました!

ですので、あなたも引っ越しのときにぜひ参考にして見てくださいね。

土日ではなく平日に引っ越しをする

繁忙期の引っ越しでも土日ではなく平日を利用して引っ越しを行いましょう。

繁忙期の引っ越しとはいえ、土日よりも平日に引っ越しを依頼した方がおトクになります。なぜかというと、会社員の人は繁忙期でも平日は仕事だからです。

もちろん学生の単身引っ越し依頼者は3月〜4月は春休みとなるため、平日も土日も引っ越し依頼があります。ですが、平日は働いている人の引っ越し依頼が少なくなるため、全体的に見ると、平日は土日と比べると引っ越し依頼が減ります。

ですので、繁忙期でも平日に引っ越しを行なった方があなたの値引き交渉次第では、費用を安くすることができます!

荷物の量を減らす

繁忙期の単身引っ越し料金を安くするためには荷物の量を減らしてください。

なぜかというと引っ越し費用は荷物量でも変わってくるからです。もちろん単身者の引っ越しでも荷物量が多くなると料金がそのぶん高くなってしまいます。

仮に単身パックを利用した場合、専用のコンテナボックスに積みきらない荷物は、もう1つ追加でコンテナボックを用意しなければならないため、追加分の費用がかかってくるのですそのため、単身引っ越しだからと言って、必ず安い料金で引っ越しすることができるわけではないのです。

ちなみに、単身パックで使うコンテナボックスのイメージはこんな感じ。

画像引用:クロネコヤマト「http://www.008008.jp/moving/single/」

単身パックを使って引っ越しをする場合には、このボックスに全ての荷物を積まなければいけないのです。

繁忙期の引っ越しを安くするためにはまずは荷物量を減らしてください。

荷物量を減らすためには、荷造りのときに必要なものと不必要なものを分けて整理すると良いです。

たとえばいらない洋服はオークションに出品したり、古着屋やリサイクルショップで売ったり、友人にあげても良いでしょう。小物や家具などの必要のないものは、早めにゴミに出してしまいましょう。

お部屋を整理しながら、荷造りを行うことで確実に引っ越し用の荷物を減らすことができます。

単身者の引っ越しでも、引っ越し用荷物が多い人はたくさんいます。ですので、費用を抑えるためにも荷物量は減らすように意識して荷造りを行なってください。

複数の業者から一括見積もりを取る

単身者の引っ越し料金を安くするためには、複数の業者から見積もりを取ることがとても大切です。

多くの業者から見積もりを取ることが大切な理由は、一社のみから見積もりをとっては他の業者の引っ越し理料金を比較することができないからです。

たとえば基本的に一社のみから見積もりを取った場合、同じ条件の引っ越しでも他の業者と見積もりを比べることができないため、業者が出してくれた見積もり額が安いのか高いのかよくわかりませんよね。業者によっては、繁忙期の引っ越しだからといって予想よりもかなり高めの料金設定をしてくる業者もたくさんあります。ですので、もっと安く引っ越しができるはずが、一社のみしか見積もりを取らなかったために高い費用で引っ越しをしてしまう人もいます。

引っ越しは、新生活の準備や引っ越し荷造りのときも何かとお金がかかってしまうものなので、せめて引っ越し自体はできるだけ安く済ませたいものですよね。引っ越し料金は同じ日時の同じ引っ越し条件でも、他の業者からも見積もりを取ることで、あなたの目で複数の業者の見積もりを比較することができます。

特に単身者の引っ越しは家族引っ越しとは違い、複数の業者から見積もりを取ることで格安で引っ越し作業をしてくれる業者が確実に見つかります。ですので、お得に引っ越しがしたい人は一社だけではなく、多くの業者から見積もりを取るようにしてくださいね。

「引越し達人」で簡単に見積もりを取ろう

時間をかけずに簡単に一括見積もりを取りたい人は「引越し達人」を利用してください。

引越し達人ってなに?

引越し達人とは、ネットを使って「引っ越し日」や「荷物の種類」などの簡単な引っ越し情報を入力するだけで、あなたの条件にあった複数の業者の見積もりを一発で比較してくれる便利な無料サービスです。引越し達人は無料で多くの業者から見積もりを取り、安く引っ越しができる業者を見つけることができます。

基本的に、複数の業者から見積もりを取ろうとすると一社一社の引っ越し業者に自ら電話をかけて、引っ越しの日時や荷物量などを伝え見積もりを出してもらわなくてなりません。。。これでは業者選びだけでかなりの時間を費やしてしまうことになるため、引っ越し準備がまったく進みませんよね。

ですが、引越し達人を使うと、30秒もあれば格安引っ越し業者を見つけることができるんです!このサービスは本当に便利です(^-^)

実際に引越し達人で見積もりをとってみた(体験談)

私も、仕事の関係で単身引っ越しをかなり多く経験してきました。もちろん繁忙期(3月〜4月)の引っ越しも経験しています(^-^)

この引っ越しのたびに必ず引越し達人を使っています。引越し達人はかなり便利で、自分の引っ越し情報をちゃちゃっと打ち込むと、サイトが勝手に安い業者を探してくれます。

納得のいく業者が見つかったら、その業者と引っ越しの契約をし終了!かなり簡単。。。簡単すぎます。

また、私は実際に引越し達人を使い、通常48,000円以上した見積もり額から半額以下の22,000円ほどで引っ越しをしたこともあります(^-^)

引越し達人を使ったら、かなりおトクに引っ越しができました♪

これから引っ越しをしようと考えている人は、引っ越し業者を探す前に必ず引越し達人で見積もりを取ることをオススメします。

こんなにも簡単で安い業者を見つけることができるなんて、使わないと損をしますよ!

まとめ

いかがでしたか?

繁忙期の単身引っ越しでは、閑散期と比べると料金が高くなってしまいます。ですが、単身者の繁忙期引っ越しでもあなたの行動次第では料金を安くすることが可能です!

そのためにはまず、引っ越しをおトクにできる業者を見つけることから始めましょう!業者選びには引越しの達人を使うことで、簡単におトクな業者が見つかります。

また、さらに安い引っ越しをするためには

  • 平日に引っ越しをする
  • 荷物の量を減らす

など、工夫をすることであなたの引っ越しはかなりおトクになってきますよ。

繁忙期の引っ越しを安く効率的にするためにも、できることは全て取り組むようにして見てくださいね!

引っ越し料金は、同じ内容でも引っ越し業者によってまったく違います。
料金が2〜3万違うなんてことは、ざらにあります!

また、一人暮らし向けの「単身パック」も業者ごとで料金が違い、場合によっては単身パックを使わないほうが安く引っ越しができることも・・・

そこで確実に最安値の引っ越し業者を見つけるためには「一括見積もりサービス」を使って、複数の業者から見積もりを集め、料金を比べてください。

数多くある一括見積もりサービスのなかでも、私がイチオシするのは「引越し達人」です(^^)

引越し達人は、荷物の種類や量を入力しなくて良いので、30秒ほどで最大15社から見積もりを手に入れることができます。(もちろん、サービスは無料で使うことができますよ♪)

あとは見積もりを比較するだけでOK!たったこれだけで、引越し達人では最大55%も安くなっちゃいます。

スマホからでも簡単に最安値の引っ越し業者を探すことができるので、引越しの達人を使わないのは損です!ぜひ使ってみてくださいね!